旅行先で携帯電話が壊れてしまったらどうすればいいのか

携帯ショップで代替機を借りれば連絡手段を回復させられる

旅行先では、いつもよりはしゃぎ過ぎてしまい、普段取られないような行動をしてとんでもないことになってしまうことがあります。たとえば、川遊びをしていたら足を取られて川の中にはまってしまった、あるいは飲み過ぎて、暴れてしまったといったといったものです。こういったアクシデントの際、携帯電話を壊してしまうケースもあります。では、旅行先で携帯電話が壊れてしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか。一泊ぐらいなら、連絡を取りたいときは宿泊先の電話を借りてしのぐことができますが、長い旅行になると、携帯電話が壊れたままではかなり不自由な旅になってしまいます。なので、携帯キャリアのショップに行って修理に出し、代替機を借りましょう。

中古の端末を買ってSIMカードだけ移し替えるという方法も

代替機とは、元々使っている携帯を修理に出している間、借りられる電話機のことで、壊れた機種と同じとは限りませんが、同じ番号で発着信できるので、連絡手段は完全に回復させることができます。修理に出した携帯はどうなるのかというと、修理完了した時点で自宅に送ってもらうか、あるいは指定したショップで受け取ることが可能です。代替機はそのときに返せばいいのです。代替機を借りる手続きが面倒だという場合は、修理だけ携帯ショップに依頼して、新しい端末についてはリサイクルショップなどで中古を買うという方法もあります。壊れた携帯に差してあったSIMカードが問題ないなら、それを中古にカードに差すことで自分の番号を使うことが可能です。

バカンス