旅先でもぐっすり眠りたい!!快適な睡眠のために心がけたいこと

部屋では、気温と湿度に要注意

旅行中はただでさえ普段と異なる慣れない環境に身を置いているので、眠りたいのに眠れない、睡眠不足に悩まされてしまう方も少なくないでしょう。では、旅先での快適な眠りのためには何を心がければ良いのでしょうか?最も大切なのは、宿泊先に着いてからの「気温と湿度の調節」です。気温も湿度も、調整を始めてから落ち着くまでには時間がかかりますから、チェックインしたら早め早めの準備を心がけましょう。室温は、まだ起きている間に、夏は涼しく、冬は暑く設定します。そして、眠る間際に調整を弱めます。タイマーに頼ることなく、眠っている時にはオフにしておけるよう、事前の調整を行います。エアコンのつけっぱなしは安眠を妨げるので、リモコンは枕元に常備しておきましょう。湿度は高めを心がけ、バスタブにお湯を張ってドアを開けておいたり、ポットのお湯を沸かすなどして積極的に上げるようにしましょう。

機内でも室内でも大活躍する安眠グッズ

それはズバリ、アイマスクと耳栓です。この二つがあるのとないのとでは、いざという時の快適さの度合いが格段に違ってきます。アイマスクは、装着した時に自分の顔の形に合っていて、ゴムの締め付けがきつく感じないものを選ぶようにしましょう。装着に慣れていない方は、旅行の数週間前くらいからアイマスクを装着して、目元の感触に慣れておくようにすると良いでしょう。耳栓はコンビニや薬局などで手軽に入手できますし、耳穴のサイズに合わせて大きさも様々に選べるようになっています。特に最近のものは遮音効果に優れているだけでなく、素材が軽くて柔らかいので、気軽に装着しやすくなっています。不快な映像と音をこれらの安眠グッズで一掃できれば、きっと快適な眠りの世界へ誘われることでしょう。心地よい睡眠で、健康で楽しい旅を。BON VOYAGE !

キャンピングカー